歯科 心斎橋 審美義歯


  • コーヌスデンチャー
  • ミリングデンチャー
  • 磁性アタッチメント
  • ノンクラスプ
  • 金属床義歯
  • チタン床
  • コバルト床

審美義歯治療で大切なこと

誰でも義歯(入れ歯)にはなりたくないものです。しかし入れ歯を使わないと治せない時もあります。ところで義歯(入れ歯)は見た目が悪い、義歯(入れ歯)は痛くて噛めないとか、義歯(入れ歯)は硬いものは噛めないとか、あまり義歯(入れ歯)の評判は世間的に良くはありません。

しかしお口全体の治療計画をしっかり立てて、その適応症にあった義歯(入れ歯)を選択して作ると、入れ歯でも審美性が優れ、かなりしっかり噛めるようになります。
特に審美入れ歯の場合は、見た目(審美性)としっかり噛めること(機能)が重要になり、前もってしっかりした治療計画を立てることにより今までの入れ歯より優れた入れ歯が手に入れることが出来ます。そのためにドクターと患者さんのコミュニケーションが大切になってきます。


入れ歯とインプラントの比較表

患者さんのお口の中の状況によっては、オーダーメイドの入れ歯とインプラントのどちらが患者さんに合った治療法なのかが変わってきます。

患者さんのお口の中の状況や状態を踏まえ、また、それぞれのライフスタイルにより合った治療方法をお選び頂けるように、当院では治療前のカウンセリングを重要視しております。

入れ歯インプラント
費用比較的に安い費用(インプラントより安価)基本的に全ての歯を治療しようとすると約500万かかる。
強度基本的に密着度は高いですが、粘着性のある物を食べた時に絶対に外れないという保証はできない。歯茎にボルトを埋め込んでいる形になるので、強い圧力にも耐えることができる。
異物感構造的に口の中と一体化するわけではないため、慣れるまでの期間は少し違和感がある。ボルトを差し込んで顎の骨と一体化しておりますので、違和感はほとんどない。
身体への負担手術の必要がないため、身体への負担は少ない。歯1本ごとにボルトを1本埋め込む必要があるため、本数が増えると身体への負担も大きくなる。
メンテナンス入れ歯を外して洗浄液でのお手入れが必要になる。自然の歯と同じような形になるので、きめこまやかな日々のお手入れ、定期的なメンテナンスが必要になる。

当院の入れ歯へのこだわり

当院では、検査を行うときには、1回約1時間程のお時間を頂き、咬み合わせなどのお口の中の状態を細かくチェックします。
患者さんお一人お一人のお口の状態に合った入れ歯を作るため、患者さんの現在使用している入れ歯や歯の状態を考慮して治療プロセスを変更する事もございます。

入れ歯治療が初めての方に対しては、念入りなお口の中のチェックを行った上で、診療にあたります。
患者さんにしっかりと合った入れ歯を完成させるまでの間は「仮入れ歯」をつけて頂く事もございます。
患者さんの歯の状態、咬み合わせなどをしっかりと把握し、的確な治療をしていくことで、個々の患者さんに合ったオーダーメイドの入れ歯を作製いたします。


入れ歯作成の流れ

人の顔や性格がお一人お一人違うように、お口の中も異なります。
だからこそタスクデンタルクリニックでは情熱と最新の技術をもって入れ歯作成にあたっています。
ここでは入れ歯を作る過程を簡単にご案内します。


            入念なカウンセリング
            どのようなことでお悩みなのか?現在の状況から何を改善したいのか、どの様になりたいのかをお伺いいたします。
            なんとなく「入れ歯が使いづらい」などのご意見でも構いません。
            まずはお気軽になんでもご相談ください。


            口腔内の診査・診断
            お口の中の状況は患者さんによって様々です。
            まずはご自身のお口の中がどのような状態になっているのかを確認します。
            そこからどの入れ歯が患者さんにとって適切で可能なのかを診断します。


            作成する入れ歯の決定
            いくつかある入れ歯の種類の中から患者さんとご相談の上、作っていく入れ歯を検討して決めてまいります。
            個人トレーの作成
            正確な入れ歯の型採りを行うために、型を採るための精密なトレーを作製します。
            患者さんにしっかりと合った入れ歯を作るためにはこの型採りが重要です。
            正確なお口の中の印象
            上記で正確に患者さんのお口の中の状態の型を取るために作製した個人トレーを用いて、より精密なお口の中の状態の型を採っていきます。
            入れ歯の位置決め
            上下、前後、左右、の位置を慎重に決め、正しく咬み合わせを行えるように咬合採得を行います。


            試適
            患者さんに合った自然な大きさと色と歯並びの入れ歯を作るために、お口の中で試適します。顔全体や表情を見ながら患者さんに合った入れ歯になるまで、試適を行います。
            最終仕上げ
            お口の中で出来あがった入れ歯の最終調整を行います。
            ここでの最終調整は後で痛みや違和感が出ないように、徹底した咬み合わせの調整を行います。
            ミクロ単位で慎重に何度も咬み合わせの調整を行います。
            メンテナンス
            順調に使用できるようになった後も入れ歯とご自身の歯をより長持ちさせるために、メンテナンスを行います。健康的な歯を保つためにも、定期的にしっかりとお手入れをお願い致します。


よくあるご質問

普通の入れ歯と精密入れ歯の違いは??

より快適に作られているのが精密義歯です。普通の入れ歯とは異なり、変形が少ないのが特徴です。丈夫な素材や特殊なアタッチメント、磁石などを使用するため、薄く丈夫に製作しています。素材だけではなく薄く小さく製作するため普通の入れ歯と比較すると食事や会話が楽になります。

食後は入れ歯を外して洗った方がいいですか?

毎食後、歯ブラシで磨いて洗って下さい。

普通の歯磨きで磨いていいのですか?

入れ歯の多くは天然歯よりやわらかい材質でできています。従って、天然歯に合わせて作られている一般の歯磨剤を使うと、入れ歯を傷つける恐れがあります。入れ歯専用の歯磨剤や歯ブラシを使用したほうがよいでしょう。

入れ歯専用ブラシ、入れ歯洗浄剤では落ちない汚れはどうしたらいいのでしょうか?

入れ歯についたタバコのヤニ、茶渋などはブラシや洗浄剤でもなかなか落ちにくいものです。やすりなどで無理に取ろうとすると、入れ歯が傷つき余計に着色しやすい状態になります。

入れ歯を汚れたままにしておくとどうなりますか?

不衛生な入れ歯をつけていると、歯茎が炎症(歯肉炎)を起こしたり、口中の細菌が原因で肺炎を引き起こすことがあります。部分入れ歯の場合は、金具のかかっている歯に汚れがたまって虫歯や歯肉炎・歯周病を引き起こします。

入れ歯の種類、形によって手入れの方法は違うのですか?

総入れ歯の場合:
入れ歯は傷つけないように専用ブラシで清掃します。入れ歯を除菌清潔にするために、入れ歯洗浄剤を使えばなおよいでしょう。
部分入れ歯の場合:
金具部分はブラシを使って汚れを落とし、部分入れ歯専用の入れ歯洗浄剤を使えばなおよいでしょう。

入れ歯の安定が悪いときはどうしたらいいでしょうか?

入れ歯と歯茎に違和感を感じた場合、入れ歯安定剤は一時的に使用し、なるべく早く歯科医院に相談したほうがいいでしょう。

入れ歯を熱湯で消毒してもいいですか?

入れ歯は高熱により変形する材質を使用していることがあります。熱湯(60℃以上)に浸したり、かけたりしないでください。

噛むと痛いのですが?

負担がかかってる可能性があります。入れ歯を長時間使用していると、歯茎に負担がかかります。このため歯茎が痛くなることがあります。通常は入れ歯に接触している歯茎が炎症を起こしていることが多いです。珍しいことではなく、入れ歯を長い間使用すると歯ぐきが痩せてくるために起こる現象です。放置せずに定期健診を受けてください。

入れ歯の場合でも、定期検診は必要でしょうか?

入れ歯は使用しているうちに、顎の骨が吸収し、歯肉の状態が変化します。ですから、最低3ヶ月に1度は歯科医院で検診を受けて下さい。

心斎橋 歯科 タスクデンタルクリニック

アーバンビルド

電話番号

アップルストア 心斎橋上

大阪市中央区西心斎橋1丁目5番5号
アーバンBLD心斎橋4F

地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 7番出口

地下鉄御堂筋線 心斎橋駅 7番出口

最終受付時間の診療時間ご案内。